ポール・オースター

『幽霊たち』ポール・オースター

130ページの中編だが一週間以上かかって読み終えた。 少なくとも今の自分にとっては面白くない。そこそこだった『ガラスの街』よりも更に面白くない。 こうした、いかにもなポストモダン小説、ミステリの構造をあざ笑うかのような作品はむしろ好きなはずだの…